オメガの無料査定!最短48時間でお振込み致します!

スピードマスター買取のご案内

スピードマスター プロフェッショナル

スピードマスターの歴史ついて

1957年に最初のスピードマスターが発表されました。
月面着陸やNASAの有人宇宙ミッションなどの重要な場面に使用され、
NASA公認クロノグラフに選定、「ムーンウォッチ」というニックネームを獲得しました。

スピードマスター プロフェッショナルはその名に恥じない
高い精度、堅牢さ、視認性、使い易さ、信頼性という本質は、
現在まで変わらずに引き継がれています。
技術的にも、最初のキャリバー321搭載以来、
現在のキャリバー1861まで改良を重ね、
最新技術を組み込みながら生産が続いています。

またスピードマスター デイトは、C.O.S.C認定のクロノメーターと、
実用的な日付表示を装備しており、スピードマスター デイデイトには、
月と曜日の表示窓に表示し、ダイアル外周のポインターデイト表示で
日にちを表示する、トリプルカレンダー機能が追加されています。

スピードマスターの買取をご希望されるお客様は、
まずは無料の「簡単Web仮査定」からご利用ください!

買取査定(程度)のランクについて

かなり古い、動かない(止まっている)、壊れている、修理していない、電池が切れているなど状態でも買取が可能です。まずはお気軽にご相談ください!

程 度 状 態
N(新品) 新品・未使用商品。基本的に全く使用されていない状態。
S(新品同様) ブレスレットなどの調整、保護シールがはがされている状態で保管時の微細なあとが見られる未使用品、または試着や展示を含めて数回程度の使用、ほぼ未使用に近い非常に良い状態の中古品。
A(中古優良品) わずかで目立たないキズ(傷)があるが、非常に良い状態の中古品。
B(中古品良品) 多少のキズ(傷)はあるが、全体的に良好なコンディションの中古品。
C(中古品) 全体的にキズ(傷)はあるが、通常の使用に差支えない中古品。
D(故障品・破損品) 止まってしまって動かない状態(不動品)やリューズ抜け、ブレスレットの破損など、時計として通常使用ができない状態。

簡単Web査定

スピードマスター買取実績のご紹介

情報更新日:2017年08月20日

簡単Web査定

その他買取強化中のスピードマスター各種

※上記リストに掲載されていないスピードマスターでもお気軽にご相談ください。

簡単Web査定

購入時の備品を揃えて買取り査定額アップ!

備品を揃えて買取り査定額アップ!
オメガの時計を購入された時に付属していた外箱、保証書、取り扱い説明書、ブレス調整後の余りコマなど、査定時に全て揃っていると買取り査定額はアップします。

修理明細書・保証書を揃えて買取り査定額アップ!

修理明細書・保証書を揃えて買取り査定額アップ!
オートマチック式(自動巻き)等の時計で、メーカーや時計修理店で修理・オーバーホール済みの場合には、その際の明細書や保証書があれば査定時に是非ご用意ください。直近の場合買取り査定額がアップします。

電池交換して買取り査定額アップ!

電池交換して買取り査定額アップ!
クォーツ式(電池式)の時計の場合の「止まり」の状態は、単なる電池切れか、内部回路自体が壊れているのか、ケースを開け専用の機械で検査しないとわからないため、動作確認ができるようできるだけ電池交換を済ませてから査定を受けるようにしましょう。
手巻き式や、オートマチック(自動巻き)式の時計で「止まり」の状態の場合には、そのままの状態で問題ありません。但しオーバーホール・修理代を差し引いた査定額でのご提案となりますこと予めご了承ください。

汚れをキレイにして買取り査定額アップ!

汚れをキレイにして買取り査定額アップ
金属製のブレスレットやケースなどは、汗などの汚れが溜まりやすいのでブレスレットの隙間などの汚れはキズがつかないような物や、毛先の柔らかい歯ブラシなどのようなもので出来るだけお掃除をしておきましょう。

簡単Web査定